青汁に含まれている食物繊維、葉緑素、鉄分、ビタミンは血液をサラサラにする効果があります。

血液をサラサラに

血液

自分の血液が「サラサラ」なのか「ドロドロ」なのか、気にしている人は少ないのではないのでしょうか?

 

血液が「サラサラ」の正常な状態であれば、体内に栄養素や酸素など体にきちんと運んでもらえるので、健康状態を良いまま保つ事が出来ますし、新陳代謝も活発にすることができ、老化を防ぐ事にもつながります。

 

一方血液が「ドロドロ」の状態になると血の巡りが悪くなっており、栄養素や酸素など体の働きに必要なものを運びにくくなってしまいます。
また、そのまま放置してしまうと、「心筋梗塞」「脳梗塞」「大動脈瘤」など発症してしまうと即死につながってしまうような大病を引き起こしてしまう事もあります。

 

血液がドロドロになってしまう理由はさまざまあるのですが、例として「飲酒過多」、「糖質や脂質の摂りすぎ」、「喫煙」、「運動不足」、「ストレス」などがあります。

 

しかし、血液がドロドロになってしまっても生活習慣を見直すことで、血液をサラサラにする事が出来ます。
特に食生活を見直す事が重要になってきます。その中で特に重視するべきは「野菜を摂るようにすること」なのですが、野菜をきちんと摂るということが難しい人も多いかと思います。

 

野菜対策の1つとして「青汁を飲む」という方法があります。
青汁の多くには「ケール」や「大麦若葉」や「明日葉」などの野菜がたくさん含まれています。

 

そのため青汁に含まれている成分には血糖値の急激な上昇を防ぐ「食物繊維」、コレステロール値を下げる「葉緑素」、良質な血液を作り出す「鉄分」、血行を良くする「ビタミン」など血液をサラサラにする事が出来るものがたくさん含まれています。
青汁は毎日1杯継続して摂るようにすることが大切ですよ。