青汁をフルーツジュースで割ってみました

フルーツジュースで混ぜてみました

フルーツにはさまざまなビタミンやマグネシウム、カリウムなどのミネラル、さらには食物繊維も含まれているので、健康や美容にも効果があります

 

また、フルーツには炭水化物や糖質も含まれているので、身体のエネルギーになり毎日が元気になります。

 

オレンジ、グレープフルーツ、レモン、パイナップル、バナナ、マンゴー、りんご、ミックスジュースなどのフルーツジュースは青汁とマッチします。
ですが、ぶどうジュースと混ぜるとあまり美味しくないとの声が多いようです。

 

フルーツジュースの中では、オレンジやレモンなどの柑橘類がおすすめです。
オレンジやレモンなどの柑橘類にも青汁にも、ビタミンが豊富に含まれていますので、青汁をフルーツジュースで混ぜると、さらに多くのビタミンを摂ることができます。

 

また、気になるのは、柑橘類の匂いですが少しキツイ香りがします。
ですから、消臭剤などによく使われているのではないでしょうか?

 

青汁は青い草の匂いがしますが、自然の中ではすがすがしい匂いではありますが、飲むとなると、少しためらいを感じるのではないでしょうか?

 

しかし、青汁に柑橘類やフルーツジュースを混ぜると、柑橘の爽やかな香りでスッキリとした味わいになりぐんと飲みやすくなります。
また、飲んだときの味は、野菜の苦みや青臭さはなくなり、さっぱりとしているので、本当に美味しく、いくらでも飲むことができます。

 

柑橘類は、はちみつとよく合うので、甘みがもう少し欲しいときには、はちみつを加えると美味しさがアップします。
青汁に柑橘類の搾り汁を入れたり、市販の果汁100%のジュースを混ぜるだけですので手軽にそれぞれの栄養が摂れるのです。

 

また、市販のジュースは糖分が多いので、気になる方は、青汁にレモンやはちみつレモンが入っている青汁の商品もありますので、試してみると良いかもしれません。

 

柑橘類の他にはりんごジュースも美味しいです。
青汁に混ぜるとりんごのさわやかな風味がすっきりとした味にさせます。

 

また、りんごそのものをミキサーでジュースにすれば、さらに栄養を得ることができるのですが、細かく切ったりんごの皮も一緒にミックスすると、もっと栄養を摂ることができます。

 

リンゴの皮には、ポリフェノールが多く、カリウム・ペクチンなども含まれているので、栄養に優れているフルーツです。

 

野菜が嫌いでもフルーツジュースが好きなお子さんは多いと思いますので、青汁に好きな味のフルーツジュースを混ぜれば、きっと「おかわり」と言ってくれるに違いません。