青汁の原材料である大麦若葉にはSOD酵素が含まれているので、アンチエイジングに効果的です。

アンチエイジング効果

お肌の調子を気にする女性

男性でも女性でも年齢を重ねるごとに「いつまでも若々しくいたい」と思うものですよね。

 

そのため、近年では「アンチエイジング」というという簡単に言うと「老化や加齢に負けずに若々しく」という言葉に注目が集まっています。

 

現にアンチエイジングのためのスキンケア商品がたくさん販売されています。アンチエイジング商品を使用されている方も多いのではないのでしょうか?
しかし、アンチエイジングはスキンケアなどの「外側」だけのケアだけでなく、食べ物などで「内側」からケアすることも大事なのです。

 

老化の原因

老化の原因の1つは体内で「活性酸素」という物質ができるによるものです。
活性酸素とは人が酸素を取り入れると体内で変換されるもので、この物質には細菌作用があるので、体内に入った細菌など体に悪影響を及ぼすものを除去する働きがあります。
そのため体には必要不可欠なものである一方、増えすぎてしまうと体の健康な細胞を傷つけてしまうものでもあるのです。

 

活性酸素が必要以上に増えてしまう原因は「ストレス」、「大気汚染」、「生活習慣の乱れ」、「加齢によるもの」などさまざまな理由があります。
そのため老化を防ぐには不必要に増えた活性酸素を減らす対策をする必要があります。

 

抗酸化物質を摂る

「抗酸化物質」は名前の通り「酸化を防ぐ物質」のことで、活性酸素の除去や活性酸素によって傷つけられた細胞から出る体に有害な働きを抑制する働きがあります。
抗酸化物質はビタミンC、ポリフェノール、クロロフィルなどがあります。

 

これらの多くの抗酸化物質を含んでいるのが「青汁」です。
特に青汁には「大麦若葉」という野菜が含まれており、大麦若葉には「SOD酵素」(スーパーオキシドジスムターゼ酵素)という物質が含まれています。
これは抗酸化物質の中でも効果の高いもので、アンチエイジングに効果的です。